田七人参は世界が注目する漢方生薬。

レーベンスクラフト株式会社
HOME 最新医療情報 ホスビジョン バーチャルトレッドミル 太陽光発電 田七人参 会社概要 お問い合わせ


雲南省に生育する「ウコギ科」の人参属

田七人参は「ウコギ科」の多年生草本の植物で、人参属のの中では最も原始的なもので、2億数千年前から存在している「最古の人参」とされています。

成長するまでに3~7年もの期間を必要とするため、生育条件が極めて厳しいことから産出量は少なく、主産地はわずかに中国雲南省東部から広西壮族自治区西南部に分布。

海抜1000m~2000mの山地の傾斜地のみに生育し、年間を通じて雨量が豊富で、森林があり平均気温が11度以上、霧が降りない期間200日以上等、気象条件及び地理的条件を要します。


田七人参
現在市場に流通している田七人参は、栽培物です。しかし、その厳しい条件から栽培も容易ではなく、なかなか量産は出来ませんが、近年世界中の強い需要要請から産地の努力もあり、徐々に増加している現状です。生育にあたり7年間も土の中で育つことにより、土壌の養分を根こそぎ吸収、そのため、収穫後の土は数年間雑草も生えないほどにやせ細ってしまうほどです。

田七人参は様々な大きさ(頭数)に分類され、特に5~7年根20~30頭は「貴重薬」として大切に扱われており、別名「金不換(きんふかん:お金にも換えられない)」とも呼ばれている生薬です。

中でもサポニンの種類は他の人参と比較にならないほど特筆しています。近年、その驚異的な薬効は世界の医学界から注目され、田七人参に含まれる様々な成分の研究が進められ、新たな期待が高まっています。


田七人参はすべての病を治す「万病薬」

中国では紀元前より中央集権が生まれ、そのため王族の不老不死願望をかなえるべく延命薬、いわゆる上薬の研究が進みました。中でも田七人参は、すべての病を治す万病薬とされ、王族や権力者などの、一部の高貴な人しか入手できない貴重な生薬で、その処方は宮廷漢方医のもと厳重に管理されていました。

中国明の時代の医薬学者であるの李時珍が著した「本草綱目-ほんぞうこうもく-」は、日本には平安時代に伝来し、その研究は江戸時代に最も盛んに行われました。

田七人参
本草とは薬の本となる草「薬草」のことで、この本草学の最高の古典です。この中には、田七人参の様々な薬効が書かれており、大きくは次の4つに記述されています。

淤 血:おけつ
血液の汚れと血流が滞っている状態を東洋医学では「淤血(おけつ)」と言います。田七人参は血液に直接働く力があるため、ドロドロ血液をサラサラにして、血の巡りを良くすることで、身体全体を根本から立て直し、身体を正常化させる驚異のパワーを兼ね備えています。
止血・溶血:しけつ・ようけつ
田七人参は血と止める働きと血を溶かす働きに分けられる「両面性」を兼ね備えています。血液だけでは無く、熱や水分調整などの様々な「両面性」が他の人参種にはない優れた特徴です。
消 腫:しょうしゅ
田七人参は炎症を抑える働きを持ち、身体のむくみや張りを解消します。肝臓病やガン抑制に評価が高いのもこの「消腫」の働きといえるのです。
止 痛:しつう
田七人参には、そもそも腫瘍の痛みや内臓の痛みを止める働きがあります。さらには、関節の痛みや原因がわからないリウマチや膠原病などにも効果があることが報告されています。



田七人参とは?
田七人参との出会い
田七人参の薬効
田七人参の種類と成分
日本・欧米・中国に於ける
研究と臨床
田七人参の研究(化学実験)
田七人参の研究(医薬実験)
フリーラジカル学会
健康効果の検証
美容効果の検証
田七人参体験談
田七人参Q&A
田七人参トップ
   



Copyright (C) 2007 Lebens kraft Co., Ltd.All rights reserved.